キャッシングカード作れた!申込ブラックで多重債務なのに・・・。




キャッシングカードって、申込ブラック扱いされている多重債務者じゃ、普通作れませんよね?


恥ずかしながら、私の状態はまさにソレなんですが、つい先日、エポスカードの作成に成功してしまいました。しかもVISA付きです。


なぜそんなことが可能になったのか、全貌は定かではありませんが、思い当たるフシがあるので書き留めておきます。


エポスカードっていうのは、旧・丸井の赤いカードを引き継いだキャッシングカードなんです。言ってみれば新興のキャッシング会社です。


これだけキャッシングカードが溢れている世の中で、新たに顧客を獲得しようとしたら・・・どうすれば良いのか。エポス経営陣は必死に戦略を練るでしょう。


一つは申込ブラックや多重債務者でも何とか返済をしている人にはキャッシングカードを発行しようじゃないか、という戦略。債務整理とかして借金を踏み倒している人は厳しいかもしれませんが、申込ブラックでも多重債務でも、実際私がそうであったように、何とかヤリクリして毎月の返済をしている人って多いと思うんです。


もう一つは既存のショッピングカードにキャッシング機能を付けてリニューアルして顧客を取り込む方法。私が持っていた丸井カードにキャッシングやクレジット機能はありませんでした。ホント、丸井でのショッピングに使えるだけのカードでした。


エポスとしてはカードのリニューアルと称して膨大な数の丸井の顧客を獲得できます。丸井の客なら服やバッグなどで必ずカードを使います。そうすれば金利で稼げてしまいます。


・低信用の顧客を獲得する。
・ショッピングカードの顧客を取り込む。


私が今回、申込ブラックで多重債務であるにもかかわらず、VISA付きのキャッシングカードを作れたのには、エポス側のこのような経営戦略があったのは間違いありません。


丸井に限らず、あなたの近所のスーパーなどでも、店舗と提携したキャッシングカードを発行しているところがあるはずです。うち(茨城県つくば市)で言えば、カスミとか。そういうところでカードを作った方が、キャッシングなどより審査が緩い場合があります。


あと、コツみたいなものがあるとすれば、ネットでキャッシングカードの申込をするよりも、
直接店舗に足を運んだ方が良いです。そこで「自分は信用が低いから審査に自信がない」ということを匂わせても、なお勧誘をしてくる営業がいれば、おそらくそのまま審査もパスできます。


きっと新規顧客獲得に関して、厳しいノルマでも課せられているんでしょう。私がエポスカードを作ったときも、審査なんてあってないようなものだった気がします。


・・・もっとも、申込ブラックで多重債務の人は、新しいキャッシングカードは持たない方が無難です。結局は状況が悪化するだけですから。


おまとめローン・1本化ローンで月々の返済額を減らした方がベストだと思いますよ。


(C) 2009 キャッシングと多重債務を考えるWEBマガジン