主婦がキャッシングで多重債務になる、これだけの包囲網。




主婦キャッシング多重債務になるケースが急増しているらしいですが、そこにはキャッシング会社の思惑が絡んでいます。


一般的に考えれば、自身に収入がない主婦にキャッシングを勧めるはずがないのですが、実際は女性専用ローンやレディースローンなどの名前のついたキャッシングサービスが増えています。


一昔前には考えられなかった現象です。


おそらく、男性対象のキャッシング市場は飽和状態に達した、というふうにキャッシング会社は考えたのでしょう。


信用力の高い(大手企業に長年勤めている、など)は銀行系のキャッシング会社に取られるし、残ったのはリスクの高い顧客の取り合い。そしてそれさえもグレーゾーン問題で騒がれはじめ、市場は飽和してきた。


となれば、従来は貸付対象と見てこなかった主婦などを狙うしかありません。


今の主婦も含めた女性専用キャッシングの隆盛および多重債務者の急増には、こんな背景があるのです。


仕組みは単純です。
主婦に収入はない。
だから信用力の審査対象は夫です。


夫に定期的な収入があればOKとするキャッシング会社がほとんどです。これは大手のプロミスなどでもそうです。


しかもプロミスのQ&Aを見ると・・・


「専業主婦の方も、配偶者の方がお仕事をされていて、安定した収入があれば、ご審査のうえ、ご利用いただけます。」


まあ、それはヨシとしましょう。
しかし、以下の文言には驚きましたね。


「※配偶者の方にお申込みについてお話することはございません。ご安心ください」


多重債務に対して世間および法律の目が厳しくなっている中、大手でさえ堂々とこんなことを言ってしまう始末。中小のキャッシング会社は推して知るべし、です。


これでは主婦キャッシング多重債務になるケースが増えて、当たり前じゃないか!と私なんかは思ってしまいます。


主婦本人の責任はもちろん大きいですが、それだけで済ませられる問題でもない気がします。


(C) 2009 キャッシングと多重債務を考えるWEBマガジン