キャッシングで多重債務になるカラクリを、あなたは知らない。




キャッシング多重債務になる理由は、浪費癖だけでしょうか?


いいえ、それだけではありません。


自分で言うのも何ですが、私はブランドものとか興味がありませんし、多少財布が緩いところは認めますが、けっして浪費家ではないと思います。


では、なぜそんな私が、キャッシングによって多重債務者になったのか。


それはキャッシングの仕組みをよく理解していなかったからです。具体的に言えば、金利・利息についての認識が、とにかく甘かったということです。


これはおそらく私だけでなく、キャッシングによって多重債務に陥った人のほとんどに当てはまることだと思います。


あなたに質問です。


今使っているキャッシングの適用金利を正確に答えられますか。

直近の返済で元本と利息、それぞれにいくら支払ったか、正確に覚えていますか。

最低支払い額で返済を続けるとして、いつ完済し、総額でいくら払うことになるか、知っていますか。


今ここで、はっきりと答えられなかった人は、キャッシングの使い方を誤り、多重債務に陥りやすい人と言えます。


キャッシングで多重債務なりやすい人は、けっしてモラルの低い人というわけではなく、毎月何とかやりくりして、マジメに返済している人が多いと思います。それでもどんどん苦しくなってしまうのは、キャッシングの金利の仕業です。


簡単に言ってしまえば、元本(あなたが借りたお金)の返済よりも、利息の支払いに、毎月の返済金額が充てられてしまっているからです。


ATMで返済時に出てくる取引明細をよ〜〜く見てみて下さい。今月2万円支払ったとして、元本にいくら、利息にいくら、充てられていますか?まずはその数字をしっかり押さえることから始めましょう。


それからどうすれば良いのか、についてはまた別の機会で詳述します。


まずは自分が利用しているキャッシングの金利を調べること。
月々の支払いで元本と利息にそれぞれいくら充てられているのか知ること。
そういう現状把握をまずはして下さい。


私もそれをしないでズルズルと何年間もキャッシングを利用していたせいで、
多重債務になってしまいましたから。

(C) 2009 キャッシングと多重債務を考えるWEBマガジン